日本!(オコナイ)
No.25 高月町 東柳野

撮影場所&日;滋賀県長浜市高月町東柳野、平成22(2010)年2月11日

ここのオトウ(オカワ=御神体)は、市立長浜歴史博物館刊行の書籍【オコナイの源流をさぐる】に、御幣が付いたオトウが掲載されており、その美しい形状が以前より気になっていた場所である。
例年2月の10&11日に行われており、御鏡餅搗きやオトウ(オカワ)造りは10日に行われているが、こちらは拝観できなかった。なお、オトウは同町の重則でもそうであったように、結界の川で燃やして流す、オトウ流しも10日に行われたようである。そして今日から来年のオコナイの日までオトウをお守りし、寺社をもお守りされる新頭屋さんがオトウを藁で編み上げる。ここの当番(頭屋)さんは全戸の80軒を半分にして伊豆組・安藤組とし、その約40軒ほどが順番に頭屋さんを受け持っていく。よって、本年に頭屋さんを解除された家では、40年後に再び頭屋さんが周ってくるというローテーションであって、玉籤による決定ではない。であるから籤は行われず、鏡開きやオトウ(御神体)が次ぎの頭屋さんの家まで送致される前に、頭屋さんの順番を記入していく記録簿に記入し、箱に収める箱渡ノ儀が行われて引継ぎとなる。二組の頭屋さんは、ご自宅でオトウをお守りするのである。御神体送致は集会所を出発し、途中まで二組が並んでいく。その時には先頭でオトウ(御神体=輪状のもの)を奉持されている。
なお、ここのオコナイは薬師オコナイであって、今朝方には薬師堂内に二組のオトウ(御神体)が講員や住人が参詣する間、安置されていた。御神体であるオトウには御幣も立ち、神仏習合のオコナイであることも興味深い点であった。

※東柳野の皆様にはお世話になりまして、誠にありがとうございました。

上写真;昨年(平成21年)年末に下調べで訪れた際、拝見させて頂いた、一年間頭屋さん宅で祀られたオトワ。素晴らしく神々しい空間だ。

上写真;オコナイ本日(ほんび)の薬師堂。御幣が立ち、神仏習合だ。

上写真左;薬師堂から儀式場に送致される御神体。
上写真右;御鏡開き。


上写真3枚;頭屋の順番帖箱渡しの儀。

上写真;新頭屋さんが奉持し、御神体送致。

上写真;新頭屋さん宅に到着した御神体。ここでまた来年のオコナイまで祀られる。


舞!組曲 TOP
日本! (お神楽・田楽)
日本! (花祭)
日本! (雅楽・舞楽、能楽)
日本!
日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社)
日本! (オコナイ)
日本! (近江の祭・火祭)
日本! (山鹿灯籠まつり)
日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜)
中国の蒸気機関車
たけやま3.5
日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道)
ドイツ語圏(音楽・観光)
ミャンマー
作者・写真集
掲示板

広告ポリシー