日本!(オコナイ)
No.16 金居原のオコナイ

撮影場所&日;滋賀県伊香郡木之本町金居原、平成21(2009)年2月11日
撮影機材;Nikon D300+VR18-200mm、D80+SIGMA10-20mm

ここのオコナイの特色は、薬師堂を荘厳する立派な造花を各組が作ることであろう。金居原には四つの組がある。堀出、堀近、下、清水であるが、それぞれの組が大小二膳の造花を作る。大きい造花は椿であり、それは薬師堂での座が済むと、次年度の新宿へ持って行かれる。小さい造花は本年度の施主の宿に置かれるが、そちらは各組によってまちまちであった。堀出は紅白梅、堀近は梅、下は菊、そして清水は松であった。このように仏堂を花で荘厳することは、例えば薬師寺の花会式でも行われれ、修二会に通じることである。
御鏡(お鏡さん)は“トウ(型)”から外さずに桶の中に入れて、綱を二本掛けて背負い棒を通して篭のように担いで社参する。
宿は堀出は民家が施主(頭屋)となっていたが、他の三組は集会所で行われていた。集会所が宿となっても施主は玉籤できちんと決められ、決まると一年間は四足の肉は食べない。

※金居原の皆様には、大変お世話になりまして御礼申し上げます。

上左右写真;当屋(@堀近)において、造花をつくる。

上左右写真;堀出の宿にて、薬師堂お供えの花と、当屋の花。

上左右写真;堀近の宿にて。お供えの花と当屋の花。

上左右写真;下の宿にて、お供えの花と、当屋の花。

上左右写真;清水(しょうず)の宿にて、お供えと当屋の花。

上写真;社参行列が金居原のメインストリートを行く。生憎の雨となり、造花にはビニールがかぶせられてしまった。

上左写真;薬師堂内における「だあ(座)」。 上右写真;造花などを下げ、当屋に戻る。


■平成23(2011)年2月11日


■ 平成24(2012)年度  金居原のオコナイ (長浜市木之本町金居原)

平成24年度のオコナイは、3回訪問した中でも最も雪深い中で社参が行われた。
2m近い雪が積り、道路も融雪装置が効かないほどの積雪だった。
しかし一面の雪景色だからこそ、造花で春の訪れを予祝する荘厳には、ひたすらな祈念の思いを実感することができた。


舞!組曲 TOP
日本! (お神楽・田楽)
日本! (花祭)
日本! (雅楽・舞楽、能楽)
日本!
日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社)
日本! (オコナイ)
日本! (近江の祭・火祭)
日本! (山鹿灯籠まつり)
日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜)
中国の蒸気機関車
たけやま3.5
日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道)
ドイツ語圏(音楽・観光)
ミャンマー
作者・写真集
掲示板

広告ポリシー